トリビオンの自然調和効果に関する現地追跡調査結果について

概要

被覆根固ブロック「メガロック」に球形のポーラスコンクリート基盤を装着した環境製品「トリビオン」。その自然調和効果の検証のため、海藻着生状況確認を目的とした水中撮影を実施しました。

設置場所:広島県大地蔵漁港西防波堤

発注者:広島県呉市

ブロック規格:トリビオン1t型 メガロック1t型

      (仕様:球形ポーラスコンクリート4個タイプ)

据付:平成19年1月下旬

水中調査 完成直後から6か月後及び19か月後に実施

     完成直後(平成19年2月6日)

     6か月後(平成19年7月24日)

     19か月後(平成20年8月7日)

  • 大地蔵漁港は下蒲刈島の南に位置します(地図をクリックすると拡大します。)


平面図・調査状況・防波堤外観

  • 大地蔵漁港西防波堤

    大地蔵漁港西防波堤の外観と防波堤の断面模型です。


    調査状況

    平面図のNo.1〜6までのポイントのトリビオンの水中調査を行いました。

    (平面図をクリックすると平面図が拡大します。)

    各ポイントでの調査状況を以下の状況写真にてご紹介いたします。

トリビオンの状況

写真左から 完成直後⇒6か月後⇒19か月後 の写真となっております。

No.1大地蔵漁港トリビオン水中調査No.1

No.2大地蔵漁港トリビオン水中調査No.2

No.3大地蔵漁港トリビオン水中調査No.3

No.4大地蔵漁港トリビオン水中調査No.4

No.5大地蔵漁港トリビオン水中調査No.5

No.6大地蔵漁港トリビオン水中調査No.6

投入後一年半が経過し、ポーラスコンクリート基盤へのウミウチワ等の着生が確認されました。 本海域においてポーラスコンクリートは海藻着生基質として有効であるものと思われます。

株式会社三柱 〒135-0031 東京都江東区佐賀1-1-6 アイアンクオータビル5F TEL:03-3630-3121 FAX:03-3630-3297
Copyright (c) 2004-2007 TRIPOLE. All Rights Reserved.